金魚の品種(その他)

更新日:2021年03月19日

ページID 1907

金魚の品種

江戸錦(エドニシキ)EDONISHIKI

体色が東錦のモザイク模様の金魚「江戸錦(エドニシキ)」の写真

~新命名の雑種(ほとんど固定されたもの)~

 2代目秋山吉五郎氏により作られ産地名にあやかり「江戸錦」と呼ばれています。
 ランチュウと東錦との交配により固定化され、体型はランチュウと同型です。体色は東錦のモザイク模様の、雑色性で美しい品種です。

土佐金(トサキン)TOSAKIN

紅白の体色である金魚「土佐金(トサキン)」の写真

~原型から分離淘汰したもの~

 高知市を中心に飼育されてきたところから、土佐金と呼ばれています。
 琉金の突然変異種です。体型は琉金と同型で尾びれに特徴があり、尾葉が大きく広がり、それが反転した形をしています。
 体色は、赤、紅白、白とあり、高知県の天然記念物に指定されています。

コメット COMET

紅白模様で胴の長い金魚「コメット」の写真

~米国より里帰りして繁殖したもの~

 琉金の変異したものにフナが交雑しできたと言われています。
 体型は和金に似て、胴長で長いフナ尾は琉金の尾の変化したものと思われます。体色は赤、紅白、白の3色あり、紅白模様がよいとされています。

この記事に関するお問い合わせ先

農業水産課 農業・金魚係

郵便番号:639-1198
大和郡山市北郡山町248-4
電話:0743-53-1151(内線554)
ファックス:0743-53-1049

メールフォームによるお問い合わせ