対象者・接種順位・接種時期

更新日:2021年07月16日

ページID 9645

ワクチン接種は、受ける人の同意により接種が行われます。

対象者・接種順位

 当面の間、確保できるワクチンの量に限りがあり、その供給も順次行われるため、国が示す優先順位に応じて接種を進めています。

  1. 医療従事者など
  2. 高齢者(令和3年度中に65歳に達する、昭和32年4月1日以前に生まれた人)
  3. 基礎疾患の有る人(下記をご参照ください)、高齢者施設等で従事されている人
  4. それ以外の人

 妊娠している人や子どもの接種などは、国からの情報が入り次第お知らせします。

基礎疾患のある人について

  基礎疾患のある人とは、主に下記に当てはまる人などです。

(1) 以下の病気や状態の人で、通院もしくは入院している人

1.慢性の呼吸器の病気
2.慢性の心臓病(高血圧を含む。)
3.慢性の腎臓病
4.慢性の肝臓病(肝硬変等)
5.インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病又は他の病気を併発している糖尿病
6.血液の病気(ただし、鉄欠乏性貧血を除く。)
7.免疫の機能が低下する病気(治療中の悪性腫瘍を含む。)
8.ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を受けている
9.免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患
10.神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸障害等)
11.染色体異常
12.重症心身障害(重度の肢体不自由と重度の知的障害が重複した状態)
13.睡眠時無呼吸症候群
14.重い精神疾患(精神疾患の治療のため入院している、精神障害者保健福祉手帳を所持している、又は自立支援医療(精神通院医療)で「重度かつ継続」に該当する場合)や知的障害(療育手帳を所持している場合)

(2) 基準(BMI 30以上)を満たす肥満の方
*BMI30の目安:身長170cmで体重約87kg、身長160cmで体重約77kg。

ワクチンを受けるにあたり、注意が必要な人

以下に当てはまる方は、ワクチンを受けることができない場合や、注意が必要な場合があります。かかりつけ医にワクチンを受けてよいかどうか、ご相談ください。

接種要注意者

受けることができない人

  • 接種当日に明らかな発熱がある人
  • 重い急性疾患にかかっている人
  • ワクチンの成分(注1)に対し、重度の過敏症を起こしたことがある人
注意が必要な人
  • 現在何らかの病気で治療中の人
    (心臓病、腎臓病、肝臓病、血液疾患、免疫不全で治療中の人や、血が止まりにくい病気の人、血をサラサラにする薬(注2)を飲んでいる人)
  • 薬や食品に対する重いアレルギー症状やけいいれん(ひきつけ)のような症状が出たことがある人

(注1)ワクチンには、ポリエチレングリコールが成分として含まれています。様々な医薬品に添加剤として含まれており、化粧品にも含まれていることがあります。その他の成分や詳細については、厚生労働省のページをご参照ください。

(注2)このワクチンは筋肉内に注射します。そのため、血をサラサラにする薬(抗凝固剤)を内服中の人は、接種後の出血に注意が必要です。

接種スケジュール

新型コロナウイルスワクチンの接種順位のイメージ

ワクチン接種に必要な接種券(クーポン券)は下記の日程にて発送しました。
・75歳以上の方:4月16日
・65歳~74歳の方:5月6日
・基礎疾患を有する方で事前申請のあった方:6月28日~
・40歳~64歳の方:7月2日
・12歳~39歳の方:7月8日
※(平成21年5月31日生まれまでの人。6月1日以降生まれの方は誕生月の翌月末にお送りします。それ以前に必要となる場合はコールセンターにご連絡下さい。)

リンク(外部リンク・新しいウインドウで開きます)

厚生労働省

新型コロナワクチンの接種について、健康被害が生じた場合には、予防接種法に基づく救済を受けることができます。なお、現在の救済制度の内容は以下の通りです。

首相官邸

この記事に関するお問い合わせ先

保健センター

郵便番号:639-1136
大和郡山市本庄町317-2
電話:0743-58-3333 
ファックス:0743-58-3330

メールフォームによるお問い合わせ